tigのCentOS7.4での日本語対応ビルド

ググると色々手法が出てくるが、以下の手法が一番安定していた。

# # tigのソースコードが解凍されているディレクトリ
# yum install ncurses-devel
# ./configure –enable-widec
# make
# make install prefix=/usr/local

参考: http://mfham.hatenablog.com/entry/2015/04/23/021458